トップ 泌尿器科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

泌尿器科口コミナビ排尿障害に関する主な病気 > 前立腺肥大症

前立腺肥大症

前立腺肥大症の画像

前立腺肥大症とは、男性であれば80歳になるまでに8割の人がかかる病気です。

一般的には、40~50代から何らかの兆候が見受けられるようになり、60代には過半数の人が具体的な症状を訴えるようになります。

そして、60代半ば頃から泌尿器科で治療をスタートするケースが多いようです。

症状や程度は1人1人異なりますが、大部分の高齢男性が経験する症状であることから、男性の更年期症状、あるいは老化現象の1つと言われることもあります。

前立腺とは、男性の体のうち膀胱のすぐ下にある器官のことで、通常はクルミ程の大きさです。

内部に尿道が通っており、男性の排尿に直接関わる重要な器官であると言えるでしょう。

前立腺肥大症は、この前立腺が肥大し、尿道が圧迫されることから起こり、病気の進行度合いとしては第1期から第3期までがあります。

まず、第1期は「膀胱刺激期」と呼ばれ、頻尿、尿の量や勢いが減る、尿を出すのに時間がかかるといった排尿障害が自覚されるようになる時期です。

特に、夜間のトイレが多くなり、夜中に何度も目が覚めるということで受診するケースが目立ちます。

続いて、第2期は「残尿発生期」と呼ばれ、尿を出した後も残尿感を覚えるようになる時期です。

前立腺がんなどの病気の症状とも似ているため、この頃になると大部分の人が泌尿器科を受診し、治療を開始します。

最後の第3期は「慢性尿閉期」と呼ばれ、排尿障害がさらに深刻化する時期です。

昼夜を問わず24時間尿意に悩まされ、1度の排尿に数分かかるケースも少なくありません。

そして、それを放置しておくと、尿が全く出なくなる尿閉の状態になります。

ここまで進展すると治療にも時間がかかり、手術が必要になることもありますので「あれっ?」と思ったらなるべく早く泌尿器科を受診するよう心がけましょう。

前立腺肥大症の治療は、薬物療法が中心です。

状況や本人の希望によっては、手術やレーザー治療も適用されます。

手術の方法としては、尿道から内視鏡を入れ、肥大した前立腺を削り取る「経尿道的前立腺切除術」、尿道もしくは直腸からカテーテルを挿入し、RF派やマイクロ派を前立腺に照射する「温熱療法」などがありますが、メリット・デメリットについて主治医から説明を聞き、よく検討した上で実施を判断しましょう。

泌尿器科口コミナビのおすすめ医療機関一覧はこちら。

    • ねぎし泌尿器科・内科 神奈川県横浜市磯子区東町15−32−208 電話045-750-0119
    • 伊予病院 愛媛県伊予市八倉906−5 電話089-983-2222
    • 籠原病院 埼玉県熊谷市美土里町3丁目136 電話048-532-6717
    • 小畠病院 広島県福山市駅家町大字上山守203 電話084-976-1351
    • 池田クリニック 熊本県合志市幾久富1866−1332 電話096-248-8600

今日のお勧め記事 ⇒ エイズ(HIV)

エイズとは、後天性免疫不全症候群(AIDS)のことであり、性交渉によってヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染する性感染症です。 性感染のエイズ以外に薬害エイズもありますが、ここでは性感染のエイズに限定して見ていくことにしましょう。 HIVは、免疫細胞を破壊し、後天的な免疫不全状態へと至らしめる恐ろしいウイルスです。 しかし、HIVに感染したからと言って症状がすぐに表れる訳ではありません。 数ヶ月、あるいは何年も潜伏期間が続き、発症するまで非常に長い時間がかかります。 但し、

泌尿器科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。