トップ 泌尿器科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

泌尿器科口コミナビ > 泌尿器科の癌(がん)

泌尿器科の癌(がん)

精巣腫瘍

精巣腫瘍とは、精巣に起こる腫瘍のことを意味しており「睾丸腫瘍」という呼び名でも知られています。 精巣は、細胞分裂が活発な細胞が数多く存在する部位のため、多種類の腫瘍が発生します。 他の腫瘍と同様に、良性と悪性がありますが、精巣腫瘍の場合は約9割が悪性です。 精巣には、精子を作る精母細胞と、男性ホルモンを生成するライディヒ細胞がありますが、悪性の精巣腫瘍の大部分が精母細胞に発生するものであり、これを「胚細胞腫瘍」と呼びます。 精巣腫瘍の症状としては、陰嚢のしこりがあります。

泌尿器科の癌(がん)の記事

泌尿器科の癌(がん)のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

精巣腫瘍

精巣腫瘍

精巣腫瘍とは、精巣に起こる腫瘍のことを意味しており「睾丸腫瘍」という呼び名でも知られています。 精巣は、細胞分裂が活発な細胞が数多く存在す・・・


前立腺がん

前立腺がん

前立腺がんとは、前立腺に起こる癌のことであり、その大部分が腺組織に由来する「腺癌」です。 日本においてはまだあまり馴染みがなく、治癒率も高・・・


腎臓がん

腎臓がん

腎臓がんとは、腎臓に起こる癌のことであり「腎がん」とも呼ばれています。 同じ腎臓がんでも、癌が発生する場所によって「腎細胞がん」「尿路上皮・・・


膀胱がん

膀胱がん

膀胱がんとは、膀胱に起こる癌のことであり、膀胱の表面を覆う移行上皮が癌化するものを言います。 患者数は男性の方が女性よりも3~4倍多く、6・・・


癌(がん)とは

癌(がん)とは

癌とは「悪性腫瘍」並びに「悪性新生物」のことです。 腫瘍と言えばもう1つ、癌ではない「良性腫瘍」もありますが、これと「悪性腫瘍(癌)」の違・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 不妊症

通常、避妊せずに性行為を行なっていれば、90%のカップルが1年以内に妊娠に至ると言われています。 しかし、世の中には赤ちゃんを授かりたくでもなかなか授からず、苦しんでいる夫婦も多く存在するのも事実です。 不妊症とは、妊娠を目的として健全な性行為を継続して行なっているにも関わらず、なかなか子宝に恵まれないことであり、専門的にはこのような状況が「2年」続いていることと定義付けられています。 女性の場合の不妊症は産婦人科の領域となり、男性の場合の不妊症は泌尿器科の領域となりますの

泌尿器科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。