トップ 泌尿器科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

泌尿器科口コミナビ泌尿器科の癌(がん) > 腎臓がん

腎臓がん

腎臓がんの画像

腎臓がんとは、腎臓に起こる癌のことであり「腎がん」とも呼ばれています。

同じ腎臓がんでも、癌が発生する場所によって「腎細胞がん」「尿路上皮がん」「腎芽腫」などの種類に分けられ、区別されます。

まず「腎細胞がん」というのは、腎臓における尿細管上皮細胞に発生する線癌であり、腎臓がんの大部分を占めるタイプの癌です。

間欠的肉眼的血尿と呼ばれる血尿を繰り返し、腎血管を圧迫することから高血圧が引き起こされることもあり、これを「腎血管性高血圧」と言います。

次の「尿路上皮がん」というのは、腎盂や腎杯の上皮に発生するタイプの癌です。

移行上皮組織に由来することから「移行上皮がん」と呼ばれることもあります。

最後の「腎芽腫」は「ウィルムス腫瘍」とも呼ばれており、5歳以下の子供に多く見られるタイプの癌です。

日本国内における発症例は極めて稀であるものの、研究が進んでおり、現在約9割の患者の命が助かるようになっています。

肺や肝臓に転移しやすい性質もありますが、予後良好型の転移であれば8割前後の患者に治療成果が出ています。

さて、腎臓がんの特徴についてですが、発症は女性よりも男性に多く、50~60代が好発年齢であると言われています。

特に、腎不全によって人工透析を長期間受けている人、喫煙者、塗装業や金属加工業に携わっている人、化学物質を日常的に取り扱っている人などに腎臓がんの患者が多いというのも特徴的です。

これは、腎臓は有毒物質や体内における老廃物を尿と一緒に排出させる働きをしている器官であり、結果としてそれらによるダメージを最も受ける器官であるということが関係していると考えられます。

腎臓がんの場合、放射線療法や化学療法は有効でなく、外科手術が基本です。

他の臓器に転移が起きた場合には、インターフェロンという薬を用いる免疫療法が採用されることもあります。

腎臓がんにおける手術内容としては、腎臓を全て摘出する「腎全摘出」の他、がんに侵されていない部分を残す「腎温存手術」があり、従来の「解放手術」(開腹手術)だけでなく内視鏡を使って行なう「腹腔鏡下手術」も積極的に取り入れられています。

泌尿器科口コミナビのおすすめ医療機関一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 淋菌感染症

淋菌感染症とは、いわゆる淋病のことです。 淋菌が原因となる病気であり、男性の場合では尿道炎、女性の場合では子宮頸管炎を主に引き起こすことで知られています。 男性の場合には、感染から2~7日後に症状が出始めます。 最初は尿道の違和感のみですが、発症から数時間後には排尿時痛が起こるようになり、その後さらに尿道から膿が出たり、頻尿になったり、陰茎の開口部が赤く腫れたりと進行していきます。 一方、女性の場合には数週間、もしくは何ヶ月も症状が表れないケースが多いようです。 発症しても

泌尿器科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。