トップ 泌尿器科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

泌尿器科口コミナビ泌尿器科に関するその他の病気 > 不妊症

不妊症

不妊症の画像

通常、避妊せずに性行為を行なっていれば、90%のカップルが1年以内に妊娠に至ると言われています。

しかし、世の中には赤ちゃんを授かりたくでもなかなか授からず、苦しんでいる夫婦も多く存在するのも事実です。

不妊症とは、妊娠を目的として健全な性行為を継続して行なっているにも関わらず、なかなか子宝に恵まれないことであり、専門的にはこのような状況が「2年」続いていることと定義付けられています。

女性の場合の不妊症は産婦人科の領域となり、男性の場合の不妊症は泌尿器科の領域となりますので、ここでは男性の不妊症、いわゆる「男性不妊症」について見ていくことにしましょう。

男性不妊症の原因としては「造精機能障害」「精路通過障害」「精子機能障害」の3つが考えられます。

まず「造精機能障害」というのは、精巣が何らかの要因によって十分な精子を作り出せない状態のことであり、多くの場合は先天的なものです。

精液中に精子が全く含まれない無精子症もこれに当たります。

停留精巣や精索静脈瘤、精巣炎、下垂体疾患、甲状腺疾患といった病気、さらには抗がん剤などによってもこのタイプの男性不妊症になる場合があります。

次の「精路通過障害」とは、精巣で作られた精子が尿道まで辿り着けない状態のことであり、造精機能障害と比べると頻度としては稀なものです。

精巣上体や精管、精嚢腺の先天的な異常によって起こる他、精巣上体炎を過去に患った人、子供の頃に鼠径ヘルニアの手術を受けた人、パイプカット(精感結紮術)を受けた人、前立腺や精嚢腺の手術を受けた人、脳脊髄の障害がある人がこのタイプの男性不妊症になる場合があります。

その他、インポテンツや射精障害、早漏、遅漏についても同様です。

最後の「精子機能障害」は、精子そのものの運動性や受精機能が低下しているタイプの男性不妊症のことで、主に抗精子抗体などの免疫異常によって起こることが分かっています。

男性不妊症を治療する方法としては、薬物療法やホルモン補充療法、外科手術の他、人工授精や体外受精も行なって妊娠を試みる方法もあります。

不妊は夫婦の問題です。

男性不妊症もパートナーの理解と協力が不可欠ですから、ぜひ力を合わせて辛い治療を乗り切りましょう。

泌尿器科口コミナビのおすすめ医療機関一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 尿路結石

尿路結石とは、尿に含まれているミネラル成分が何らかの原因によって結晶化し、腎臓・尿管・膀胱・尿道といった尿路系に詰まってしまう病気のことを言います。 結石が発生する部位によって「上部尿路結石」と「下部尿路結石」という種類に分けられ、前者は腎臓で結石が発生したもの、あるいはそれが尿管へと移動したものであり、後者は膀胱あるいは尿道で結石が発生したものです。 日本においては、尿路結石患者のうち95%以上が前者の上部尿路結石、すなわち腎結石か尿管結石であり、膀胱結石や尿道結石の数は

泌尿器科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。