トップ 泌尿器科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

泌尿器科口コミナビ泌尿器科に関するその他の病気 > 包茎

包茎

包茎の画像

包茎とは、陰茎が普段はもちろん勃起時にも包皮に覆われている状態を言い、かなり多くの男性に見受けられるものです。

包皮の先端、つまり出口の部分が狭く、亀頭を露出させることが不可能な構造となっているものを「真性包茎」、包皮を陰茎の根元方向へスライドさせれば亀頭が露出するものを「仮性包茎」と言います。

包茎は放置しておくことで健康を害するような病気とは違いますが、見た目や衛生面の問題もあり、青年期以降になって手術による治療を受ける人が多くなります。

また、包皮の出口が極端に小さくて排尿に支障を生じさせるような場合、あるいは包皮と亀頭の間に汚れが溜まって先端が赤く腫れ上がるなどの感染を引き起こした場合には、乳幼児であっても手術しなければなりません。

包茎で治療が必要になるのは一般的に真性包茎ですが、仮性包茎であっても油断は禁物です。

というのも、仮性包茎でも包皮の出口が小さい場合には、亀頭を露出した状態が長く続くと陰茎の先端が締め付けられ、血行が悪くなってむくみを生じ、元の状態に戻せなくなることがあるのです。

先程も述べた通り、包茎は今までご紹介してきたような病気とは全く性質が異なるものです。

しかし、放置しておくことで様々な問題点が出てきます。

まず、衛生面の問題点としては、亀頭と包皮の間に恥垢と呼ばれる垢が溜まり、汚染や臭
い、亀頭包皮炎や尿路感染症といった感染による病気を引き起こす可能性がある他、陰茎癌にかかるリスクも上がることが挙げられます。

性行為の面でも、包茎の状態だと勃起することで包皮が引っ張られて痛みを感じたり、挿入時の摩擦によって包皮が破れたりといった事態に見舞われる例もあります。

さらに、重度の包茎の場合には力まないと排尿が難しいケースもあり、尿路閉塞性疾患による膀胱拡張、水腎症、腎不全といった深刻な病気へと進展していく症例もあります。

包茎の男性は、日頃から清潔を心掛けることが重要なのはもちろん、少しでも異変を感じたり、性生活を含んだ日常全般に支障を生じたりすることがあれば、すぐに泌尿器科を受診しましょう。

泌尿器科口コミナビのおすすめ医療機関一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 性感染とは

性感染とは、性交渉によって病気に感染することであり、その病気のことを性感染症、もしくはSTD(sexually transmitted disease)と呼びます。 現段階において、約30種類の原因微生物が存在することが判明しており、ウイルスだけでなくカビや寄生虫、原虫が原因となるケースもあります。 ところで、性感染についてあなたは正しい知識を持っているでしょうか? 未だに偏見が多く、誤った見識に囚われている方も少なくないのが事実です。 自分自身や大切なパートナーを守るため

泌尿器科口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。